─アドリア海の新しい風、芸術と技の結晶─
ピカソ・シャガールたちのヴェネチアン グラス彫刻展

Exhibition of the Glass Sculptures created by world great artists and Egidio Costantini
コスタンティーニ家所蔵のガラス彫刻作品をはじめ、芸術家たちの残した作品デザインや、当時の写真資料などを合わせてご紹介いたします。

ピカソ・シャガールたちのヴェネチアン グラス彫刻展

会期:2019年4月27日(土)から11月24日(日)まで
20世紀中頃、ガラスの美しさに魅せられたエジディオ・コスタンティーニは、新たなガラス芸術を創り出そうと、50通以上にも及ぶ手紙で世界中の芸術家たちに協力を呼びかけました。コスタンティーニは、彼の思いに賛同したパブロ・ピカソや、マルク・シャガールといった芸術家たちの独創的なデザインを、千年の歴史を誇るヴェネチアン・グラスの巨匠たちの卓越した技で「ガラス彫刻」に結実させます。
以後、コスタンティーニが主催する「フチーナ・デリ・アンジェリ(天使の窯)」で制作されたガラス彫刻は、ヴェネチアン・グラス界に新風を巻き起こし、ガラス作家たちに多大な影響を与えることになりました。
本展では、コスタンティーニ家所蔵のガラス彫刻作品をはじめ、芸術家たちの残した作品デザインや、当時の写真資料などを合わせてご紹介し、文化や価値観を超えて様々なガラス彫刻を生み出した、コスタンティーニの一大プロジェクトに迫ります。
天使の窯のエンブレム
天使の窯のエンブレム
ジャン・アルプー‐エジディオ・コスタンティーニ
1965年

1章 世界の芸術家たちと天使の窯

ガラスの可能性に惹きつけられた芸術家たちと、ヴェネチアン・グラスの伝統技法を受け継ぐガラス職人たちの協力で、「ガラス彫刻」という新たな芸術分野を切り開いたエジディオ・コスタンティーニ(1912-2007年)。
1950年から始まったこのガラス彫刻の創作プロジェクトは、その後、1954年から活動に参加したフランスの詩人、ジャン・コクトー(1889-1963年)によって「フチーナ・デリ・アンジェリ(天使の窯)」と命名されます。また、コクトーの働きかけもあり、パブロ・ピカソ(1881-1973年)や、ジョルジュ・ブラック(1882-1963年)、「フチーナ・デリ・アンジェリ(天使の窯)」のエンブレムを考案したジャン・アルプ(1887-1966年)などの20世紀を代表する革新的な芸術家たちが多数加わり、コスタンティーニに作品のデザインを提供しました。
TORO(雄牛)

TORO(雄牛)

パブロ・ピカソ‐エジディオ・コスタンティーニ
1954年
CONTADINO(農夫)

CONTADINO(農夫)

マルク・シャガール‐エジディオ・コスタンティーニ
1954年
 
エジディオ・コスタンティーニ

エジディオ・コスタンティーニ

エジディオ・コスタンティーニは銀行員、木材乾留(かんりゅう)業、ガラスの販売員など、多くの職業を渡り歩く中でガラスの美しさに魅せられ、ガラス彫刻の創作を志すようになりました。
1950年より、誰も見たことのない斬新なデザインを生み出す芸術家と、ガラスという一朝一夕では扱えない素材を操る職人の間を仲介する「アート・ディレクター」として創作を始めたコスタンティーニは、ガラス職人に芸術家の意図を伝え、彼らの精神が反映されたガラス彫刻を仕上げるという、大変困難な仕事に挑戦しました。
また、コスタンティーニは「アート・ディレクター」として才能を発揮しただけではなく、自ら作品のデザインを起し、一人のガラス作家としても制作を行いました。この章では、デザイナーと職人の共同制作という新たな制作方法を打ち立てたコスタンティーニのデザインによる作品を紹介します。

© La Fucina degli Angeli  (Costantini Family Collection)

2章 アート・ディレクター、エジディオ・コスタンティーニ

Cappello del Vetro(ガラスの帽子)

Cappello del Vetro(ガラスの帽子)

エジディオ・コスタンティーニ
1980年
Cratere(クラテル)

Cratere(クラテル)

エジディオ・コスタンティーニ
1990年
 

3章 越境する芸術運動

1970年代に入ると、「フチーナ・デリ・アンジェリ(天使の窯)」にも、グラフィック・デザイナーで画家の横尾忠則、耳をモチーフにした作品を制作した三木富雄、「もの派」を代表する作家の一人である成田克彦など、多くの日本人作家が参加するようになりました。
また、絵画や彫刻の枠を飛び越えた空間芸術を提唱したルーチョ・フォンタナや、イスラエル出身の画家ルーヴェン・ルービン、イタリアの版画家ルチアーノ・ザロッティなど、様々な国籍や芸術観を持った総勢200名を超える作家たちも、「フチーナ・デリ・アンジェリ(天使の窯)」で多様なガラス彫刻の制作を行いました。
コスタンティーニが主催した「フチーナ・デリ・アンジェリ(天使の窯)」は、あらゆる文化や価値観を坩堝の中で熔かし、ガラス彫刻へと昇華させる、壮大で前例のない芸術運動として、ガラス界のみならず、20世紀の美術界に新たな風を巻き起こしたのです。
LUCE(光)

LUCE(光)

成田克彦‐エジディオ・コスタンティーニ
1970~72年
SPAZIALE(空間)

SPAZIALE(空間)

ルーチョ・フォンタナ‐エジディオ・コスタンティーニ
1964年

© La Fucina degli Angeli  (Costantini Family Collection)

主催 毎日新聞社、箱根ガラスの森美術館
後援 ヴェネチア市立美術館総局、イタリア大使館、イタリア文化会館、箱根町
協力 フチーナ・デリ・アンジェリ(コスタンティーニ・ファミリー・コレクション)、
一般財団法人 箱根町観光協会、小田急グループ

関連イベント

あなたもピカソに挑戦してみませんか

応募用紙PDF

応募用紙PDF(1.1MB)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です

ページトップ