新型コロナウイルスに対する箱根ガラスの森美術館の対応

箱根ガラスの森美術館では政府の緊急事態宣言発令を受け2020年4月8日より臨時休館させていただいておりましたが、下記のような新型コロナウイルスの感染予防及び拡散防止対策を行い2020年6月1日(月)より営業再開させていただきます。
再開館にあたって、お客様へのお願いがございますので、皆さまのご理解、ご協力をお願いいたします。営業再開後も引き続き新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、下記の通り感染予防対策をとらせていただきます。


【当館での取り組み】
1. 従業員の勤務時の健康チェックおよび検温
2. 従業員のマスク・手袋着用
3. 従業員の石鹸、アルコールでの手洗いの徹底
4. 館内にお客様用のアルコール消毒液の設置
5. 清掃、アルコール消毒等の館内環境の整備
6. 館内の定期的な十分な換気
7. レジに飛沫感染防止用スクリーンの設置

【お客様へのお願い・お知らせ】
1. 入館時に非接触型検温器による体温測定を行わせていただきます。なお、発熱や風邪症状があるお客様は、入館をご遠慮いただきます。
2. ご入館にあたり、距離をとってお並びいただいております。
3. アルコール消毒液での手指消毒の徹底、うがいの励行をお願いいたします。
4. 館内ではマスク着用をお願いしております。また、咳エチケットにご留意いただくとともに、お客様ご自身でも感染症予防対策を行うようお願いいたします。
5. 作品を観賞される際は、他のお客様と距離を空けて観賞いただきますよう、お願いいたします。また、展示室内での会話はお控えください
6. 感染防止のため、壁や展示ケースには触れないようお願いします。
7. 館内が混雑する場合には、入場制限を実施させていただきます。
8. 施設内で上演しておりましたカンツォーネ生演奏およびミュージアム・コンサート(ヴァイオリン、馬頭琴)は当面の間中止とさせていただきます。(今後は屋外での安心・安全なコンサート上演を検討しております。正式に決まりましたら、あらためてお知らせいたします。
9. 体験工房のご利用につきましては、完全予約制とさせていただきます。ご利用の際は、お電話にてご予約をお願いいたします


箱根ガラスの森美術館では、今後も引き続きお客様と従業員の健康・安全を第一に考慮し、感染防止策に取り組んでまいります。ご来館のお客様、関係者の皆様には、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

ページトップ