カフェ・レストラン

Cafe Restaurant

大涌谷と四季の山々を眺望するカフェ・レストラン

カフェ・レストラン特別演奏


箱根ガラスの森美術館のカフェ・レストランでは、ピアノやヴァイオリンなどの演奏を日替わりで開催いたします。
 

演奏時間

11:00 〜 11:15
12:00 〜 12:15
13:00 〜 13:15
14:00 〜 14:15
15:00 〜 15:15
16:00 〜 16:15

※成人の日の翌日から11日間は冬季休館とさせていただきます。

※演奏時間の変更や休演となる場合がございます。

演奏者ご紹介

エンツォ・ディ・アマーリオ

Enzo Di Amario

ピアノ
ナポリ出身。音楽一家の中で育つ。ナポリ音楽院(ピアノ科)卒業後、イタリアはもとより海外でも活躍する。彼のピアノはダイナミックでありながら郷愁を感じさせる。カンツォーネ、ジャズ、ラテン、ポップスとレパートリーも多彩でアレンジャーとしても各方面で活躍中である。2003年NHK教育テレビ「イタリア語講座」出演。 2004年ミラノにて開催された「P.M.A04国際ピアソラ音楽コンクール」では審査員を務めた。

アルベルト・デ・メイス

Alberto De Meis

ヴァイオリン
アブルッツオ州、州都ラクイラの音楽院にてマエストロ ファビオ・カンマロータの指導の元、ヴァイオリンを始め1989年同校卒業。卒業してすぐより、ラクイラのソリストとしてバラッテリ合奏団、アブルッツオ交響楽団等とコンサート活動を始める。
ジャンルを問わない演奏活動を行っており、特にリズミカルなポップスを取り入れたクラシックミュージックにおいてはその力強くも繊細な演奏で彼ならではの世界を築き上げている。パフォーマンスは迫力に溢れ、また愛嬌のあるコミュニケーションでも多くのファンの心をとらえている。

ルイス・サルトール(チャランゴ)

ルイス・サルトール

Luis Sartor

チャランゴ・ボーカル
アルゼンチン共和国出身。両親はイタリア人でイタリア国籍も有する。
1978年ケーナの巨匠アントニオ・パントーハの日本ツアーのメンバーとして来日。以来ラテン音楽の魅力を日本に広めるべく活躍するマエストロ。マンドリン、チャランゴ、ギター、キーボード、パーカッションを自在に操り、シンガー・ソング・ライターとしても多彩な才能を発揮。桑田圭祐が監督を務めた映画『稲村ジェーン』のサウンドトラックや1995年にグラミー賞 (ベスト・ラテン・アルバム> にノミネートされたオルケスタ・デ・ラ・ルスのアルバム『ラ・アベントゥーラ』に楽曲を提供。
箱根ガラスの森美術館では、カンツォーネ、ラテンを中心に、ワールドミュージックを歌い演奏をする。

マッティーヤ・ビンディ

シンガー
イタリアシエナ出身。80年代における国民的ロックバンドのドラマーを経て、フルーティストへ転身し世界中で活躍した父の才能を受け継ぎ、歌手、シンガー・ソングライターとして活躍。
Chris Willis, Kat De Luna, Tommy Vee など数々の著名アーティストへの楽曲提供や2011年にはビルボードでTop7に輝くなど高い評価を得ている。
現在、日本に拠点を移し活動。箱根ガラスの森美術館ではカンツォーネやワールドミュージックのヴォーカルとして出演。

ラファエル・シーニア

Raphael Scinia

ギター
ミラノ生まれ。フラメンコ・エレクトリックギターリストかつ作曲家、編曲家。
幼い頃よりギターに惹かれ、イタリアでの様々な活動を経て、24歳の時よりヨーロッパ、アメリカ、メキシコと世界中に滞在し、現在滞在している日本においても精力的に音楽活動を行っている。多様な音楽を愛し、特にフラメンコやロックは得意とする分野であり、Paco De LuciaやJeff beckからは多大な影響を受けている。
過去にはイタリアのアーティストのみならず、Phil Collins and Little Stevensと言った世界的な大物アーティストとの演奏経験がある。Hugh Grant主演映画"Nine month”の挿入歌演奏も行なっている。

演奏スケジュール

2024年2月24日更新
変更となる場合がございます。


演奏者への花束、贈り物等の持ち込みはお断り致します。

※成人の日の翌日から11日間は冬季休館とさせていただきます。

ページトップ